02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yuki

Author:yuki
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々と地震の記録3

2011.03.15 08:03|未分類
さぁ、腹をくくってみたものの。

入社してまだ数ヶ月しか立っていないし、前の会社のような仲の良い同期もいない・・・

時々おしゃべりするくらいの知り合いの社員さんならいるけど・・・。

これは、やはり心細かったです。


旦那とは、0時少し前かな?やっと電話が繋がるようになりました。
機械を扱う会社なので職場は色々大変だったようですが
旦那には怪我がなかったようで、なによりでした。

実家の家族とも、このへんあたりでやっと連絡がつながった。
会社に泊まることにびっくりしてたけど、無駄に帰宅して体力消耗したり
ヘタに怪我するよりはいいよね、うん。。。


夕飯を食べ、管理部の方と非常食を買いにコンビニに行きましたが(この段階ではまだカップラーメン等買えた。携帯の充電池はラス1だった。)

会社の中に一晩だし、この状況は息が詰まるよね~ってことで、隣のチームの方に夕食誘っていただきました!

思えば、このときはまだほんとに被災地の現実というか、被害のすべてをわかってなかったんだよね。

呑気に韓国料理屋でみんなでおしゃべりしながら鍋とか食べてた。

でも、ここで久々にTVの画面を見ましてですね・・・。

もう唖然でした。津波に火事、地震・・・もうとんでもないことになってるってこのときみんな実感して、一瞬言葉が出なくなってた、みんな。



戻って、特にやることもないので、私は結婚式の準備を進めつつ
電車の運行状況チェックしたりして、適当に暇つぶしてたんだけど
仕事以外にPC触らないようなオジちゃんオバちゃんたちは、早くも眠くなってきたようで・・・

会議室で次々と仮眠を取り始めた。

22時を回ると、いよいよみんな口数も減ってきて、シーンって感じ。
0時をすぎると、若い人もどんどん睡眠を取り始めて
2時をすぎた頃、東京メトロさんが一部でまさかの運転再開・・・・!
すごい・・・この状況で再開したよ・・・と、感心したものです。

でも私は、最終的に乗らなきゃいけない私鉄が全然動いていなかったので
どのみち途中までしか行けないしな~・・・と、やっぱり朝まで待機を決心。

電車で帰れる人がどんどん出てきたので、仮眠組もいるし・・・
とうとう起きている人は私だけになってしまった・・・!さみしい・・・!


眠いっちゃー眠いから、まぁ寝たいんだけどうとうとするとぐらぐら揺れるし、寝れたもんじゃないよ!!

普段は机でもぐーすか寝れるんだけどねーw


で、Twitterをずっとのぞいていたわけですが
以前まで勤めていた会社のみんなが、会社ビルがボロボロで倒壊しかけ(?)たらしく、近所のビルに引っ越して仮オフィスが出来てた。すごい。
そこでみんなでゴローンって横になってゲームしてるとか・・・

絶賛起きてるじゃないのーーーーたのしそうーーーー!
もうふつうにこんなとこに1人で起きてるの嫌だし!っつって
半蔵門線が動いたのをいいことに、15分ほど移動し、前職場の皆のもとへ!

大量の非常食と、見慣れた顔ばかりの空間。
あー、来てよかった、と思ったものです。



で、ここからまた帰宅までがほんとに大変で・・・
さいたま高速鉄道直通の南北線が元気に順調に動いてて(それもまたすごいな)
始発でそれに乗ってみたのですが、それだと自宅の最寄りの1つ前までしか着かないんですね。

それはまぁ、わかってたんだけど。

タクシーなり、迎えきてもらうなり、バスとか?もしくは歩くにしても
1駅くらいどうにかなるなる!となめてたんです。

いざ、到着したところで・・・・
タクシー待ちとバス待ちの行列に愕然・・・
遊園地のアトラクションですが状態・・・。

迎えを呼ぼうにも、道が大渋滞でかなりやばそう。

もうほんと疲れきってたけど、1駅歩くしかない。
1駅だし。道わかんないけど、他にも徒歩の人いるから、ついていけば大丈夫。






そう思っていた時期が、私にもありました・・・・




思ったよりものすごい遠い・・・・
30分くらい歩いても、全然着く気配がない。
靴はヒールだし、スカートだし、もうへとへとだし
「とぼとぼ」という音がぴったりのへたれな歩きっぷりの私を
後からきたリーマンが何人も、どんどん追いぬいていきました。

一晩寝てないのと、気持ち疲れが重なって、もうほんとにめげた・・・
携帯の充電もなくなっちゃったし、休めるような店もない。

半泣きのところに、バス停でむらがる主婦集団の姿が・・・・!

きっと私とおなじように、歩こうと試みたけど脱落したんでしょう。
ほんとに運良く、すぐそのあとバスがきてくれて、涙がちょちょぎれかけたよね。

思わず主婦たちと歓喜の声をあげたよね。


バスのおっちゃんも、こういう状況だからということで
数m先で手をあげてる男性がいたんだけど、止まって乗せてあげたw
まるでタクシー・・・。


ということで、電車にのってから3時間くらい?
やっと、やっと!待ち望んだ我が家に帰れたのでした。

自宅って素晴らしい。涙出た。



今回の震災、信じられないほどの被害が出ていて
夕飯のときに見たTVよりももっと被害が明るみに出ていて
それを見ていても涙が出てくる・・・。

どうしてこんなことになったのか、こればかりは天災だからどうしようもないけれど。



最後に・・・・

今回の地震・津波の被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
スポンサーサイト

淡々と地震の記録2

2011.03.14 12:15|未分類
公園に避難した私たち。

携帯のワンセグやらTwitterやらで情報チェックしながら待っていたんだけど、揺れもおさまったようだし、会社に戻ってみることに。

戻ったけど、仕事なんてする感じじゃないし、余震の恐怖でそわそわブルブルするしかないよね・・・。

そのままPCで情報チェックしたりするうちに、いよいよほんとに尋常じゃなくやばいということが分かる。

1時間ほど、会社でそれぞれに情報をチェックしたり、中にはふつうに仕事してる人もいたりして・・・(;^ω^)

ちなみに私はTwitterに貼りつきつつ、早くも帰りの電車の心配をしはじめていました。

社長からもう帰宅許可はみんな出ていたけど、私はとてもじゃないけど電車を使わないと帰れない距離!
(検索してみると、徒歩だと6時間くらいかかる。圧倒的に無理・・・)
だけど電車なんてこんな状況で動いてない。
ほんとどうなるのかって思ってた。

そういうしてるうちに、都内に住む主任(30代・女性)は「徒歩で帰る」つってgoogleマップ印刷して帰っちゃった。

まじでー!でした・・・・(都内っつっても3時間以上はかかる距離だと思う)

よく見てみると、主任以外も、徒歩帰宅組がパラパラと・・・
たしかに3~4時間以上帰宅に時間かかるんだったら、もうそろそろ出ないと夜暗くて危ないもんね。

どうしようもなく、帰宅不可能組は帰宅組を見送る。
ま~メトロが3時間くらいしたら復旧するんじゃない?なんて思ったりして(甘かった)。


そこからはもう・・・UstチェックしたりTwitter見たり
みんなゆーすとって何?ついったーって何?状態の方ばかりだから
教えてあげて・・・。

そのうち東京タワー曲がった画像とか出てきて、

20110314113928


東京でも被害は決して小さくないことを実感・・・。


とまぁ、みんなが社内でそわそわと待機してる間に、社長が最寄りのメトロの駅まで状況確認してきてくれた。

本日は復旧のメドが立たず、復旧したとしても夜中になるとのこと。
自宅の近い人は安全を確認のうえ、徒歩帰宅。
そうでないひとは、今晩は会社に宿泊したほうがいいといのことでした。

この時点で私は、会社へ宿泊するっきゃないと、腹をくくったのでありました・・・。

淡々と地震の記録1

2011.03.14 10:38|未分類
大変なことになりましたね。

私はおかげさまで、怪我もなく、無事です。

地震の起きたときは、会社で絶賛仕事中でした。
いつもの揺れにしてはちょっと強めだな・・・ってところから
あれ!?おさまらない!どんどん強くなる!!!って思って・・・
壁とか机のうえのものとかグラグラ揺れて、これはやばい!!!って思ったんだけど
社員の半分の人は机の下にもぐることもなく、逃げることもなく、普通に仕事してる・・・
えええええー!って感じ・・・。

それでも、だいぶ長い間ゆれてたから、少ししたら自分のチームの主任が「潜ろう!」って言い始め
みんなで机にもぐる。
外に逃げる!?ともなったけど、逆にガラスとかふってきたら怖いし、うちの会社の建物は築10年もたってないはずだから、たぶんこの中のほうが安心だとなり、少しみんなで待機。
通路だけは確保。

けど余震がおさまらなく、ただならぬ空気になってきて、社長の命令で、全員社外へ避難。

みんなでゾロゾロ近所の公園へ行く途中・・・隣のビルがすごいヒビ入ってて傾いてて・・・絶句。
救急車はパトカーやアナウンスみたいなのが流れ、この時点でなんとなく異常事態は理解できた。

公園につくと、近所の会社の人がすでにみんな避難してて、すごい人だらけ。

どうなっちゃうんだろう・・・って、不安でいっぱい。
ただでさえ、ビルの中にいたときの強い揺れと、ずっと続く余震がほんとに怖くて怖くて
自分が震えているのか余震なのかわからなかったくらい。

新潟中越のとき、大学が群馬だったのでそのときもけっこう揺れたけど、今回のほうがもっと怖かった。

不調

2011.03.06 09:58|未分類
花粉症に、なかなか治らない肌荒れ(花粉のせい?)と乙女日前特有の胸の張りやら腹痛に加えて、ものもらいになったようです。

最悪すぎる…

来週、ヘアメイクの打合せまでに治らなかったら半死である……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。